投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

変わる

イメージ
いつも生徒達の努力する姿や笑顔、保護者様のサポートによって支えられています。 FLAPS高校指導部の杉山です。


※この度、正式に高校指導部ブログが開設されました。   よろしくお願いいたします。








初回のブログ内容は「変わる」ことについてです。

時間の経過とは、おのずと変化していく事であり、10年前にあったはずの物が無くなっていたり、逆に以前は無かったけれど今は出来ていたりする事もあります(私のお腹周りのプヨプヨちゃんも10年前にはいなかったはずなのに今では我が物顔で滞在しております)。


今回、お伝えしたいのはそういった変化ではなく、 生徒Mちゃん(FLAPS鶴川校出身)が教えてくれた「変わる事の素晴らしさ」です。
「変わる」とは、良い意味でも悪い意味でも起こります。 私たちはそれをシンプルに「成長」といったり「衰退」と言ったりします。 もちろんMちゃんは「成長」という「変わる」を経験しました。


●結論からお伝えすると… 中学時代のMちゃんは、数学で苦戦をしてしまい40点前後から殻を破れずに、 悔しい思いをずっとしてきました。


そんなMちゃんですが、 高校入学から半年経った今回の中間考査で見事に掴み取った結果は、
数学でクラス1位。 (前回考査で90点越えをしていたため、今回トップを取る予兆はありましたが・・・)


●では、その結果を掴みとった「Mちゃんの成長」とは?
高校生になって、「もう」半年が経過したとも言えますが、「まだ」半年とも言えます。

※中学生3年生の受験生の皆さん、覚えておいてください。  今から一年後には、多くの場合、進路選択で更に将来を絞り込みます。  人生の一つのターニングポイント、それが文理選択なのです。  中学生のときのMちゃん、つまり半年前の彼女にとって【理数系の道】は  頭の片隅にすらありませんでした。

ですが、ご察しの通り、今回Mちゃんが選択したのは【理数系の道】です。
「中学時代の友人に『理系にする』って言ったら、凄く驚かれて!!」 と誇らしげな表情で教えてくれました。
新しい自分との出会いがこんなに人を素敵にしてくれるのだと嬉しく感じました。

またMちゃんは、次の考査に向けた具体的な目標を教えてくれました。 今までのMちゃんなら「今回と同じくらいで…」と現状維持を目標にしていたかもしれません。
…現状維持?そんなわけがない。今のMちゃんは、自分からもっと上を狙っていました。 むしろテスト明け1週…