思考を行動に変える力

沖縄では梅雨入りをしたとか、しないとか。

いよいよ夏が近づいてきている気がします。

こんにちは、学習塾FLAPSの田所です。



さて、先日のブログで



初陣~中間考査~が始まりました!



という記事を書かせていただきましたが、

いよいよその結果が返ってきております。



うーん・・・



今年のルーキーは一味違う



しかし!



先輩たちは、二味も違う。

(ルーキーたちの結果については、またお伝えさせてください!)



今回は、そんな先輩塾生Tくんについて書かせていただこうかと思います。



Tくんと私たちの出会いはおよそ1年前。

高校2年生になりたてのTくんは、

「The 高校生の男の子」

といった雰囲気の子でした。

勉強に関して言えば、

彼は、この1年間、定期考査では70点台や80点台の常連であり、



コミュニケーション英語 90点!



という、自己ベスト記録を昨年更新してくれました。



毎回の定期考査で安定した力を発揮してくれるTくん。

しかし、今回の中間考査を通して、彼は目に見えるほどの急激な成長を遂げてくれました。


その結果が・・・



コミュニケーション英語 95点!!!



昨年度の自己ベストを大きく更新!!!



普段は良い点数だったとしても、あまり喜ぶ姿を見せず

「いつも通りでした」と、淡々と伝えてくれるTくんですが、

この時ばかりは、少し自信がありそうな様子で

「良い点数でした」

と、はっきりと教えてくれました。



実はここ最近、うすうす彼の「成長」という変化を感じてはいたのですが、

この点数とその理由を聞いてみて、

「なるほど」と納得しました。

高校3年生になった彼の身にまとう雰囲気を変えるほどの成長の根っこにあったのは、


「やらなきゃいけない」という思考を

「やるためには何をすべきか」という行動に変えた

要は

「思考を行動に移す力」

だったのだと思います。



Tくんで言えば、例えば「英単語」です。

「英単語」とは、暗記の代名詞であり、

(多少の法則性なり、覚え方のコツはあるにせよ)

「やらなきゃいけない(、でもやりたくない)もの」ランキングでは、

おそらく上位につける代物です。

「やらなきゃいけない」のは、わかっている。

「でも・・・」

そう、その「でも・・・」を今回Tくんは超えていったのです。

「毎週これだけは覚える!」と彼が自分で決めた量は

昨年の比ではありません。


Tくんでいう「英単語」、つまり

「やらなきゃいけない」

というのは、誰もが分かっています。

では、それを「実行」に移せている人は、

全体の何%なのでしょうか・・・?

「やらなきゃいけない」という義務感の裏には、

多かれ少なかれ、

「やりたくない」という気持ちが隠れています。

だからこそ、その「やらなきゃいけない(、でもやりたくない)」という感情に従ってしまうと、

結果はもうわかりますよね?


「やりたくない」を越えて

「何をするべきか」に変える力

こそ、自分の「意思」に従ったものです。

要は

自信

が生まれます。

では今回その自信が連れてきたものは・・・?


「95点」という結果なのだと思います。

そしてそれはこの先にもつながっていきます!!



その証拠に、高校3年生になってからのTくんは、

お世辞でもなんでもなく

本当に雰囲気が変わり、

1年前の「The 高校生の男の子」

から

今や「かっこよい男性」

になりつつあります。



彼の外見・雰囲気すら変えたのは、きっと

「闘う人の姿勢」

なのだと思います。



新たな1年の始まり。

「受験」を通して、さらに「大人」へとともに成長していこう!

FLAPS講師一同、本気で一緒に闘います。



このブログの人気の投稿

【無料】中間テスト対策開催!!

田所イチオシの「集中力UP★法」

「好き」の力