田所イチオシの「集中力UP★法」


風がだいぶ涼しくなってきましたね。
日中の涼しさに、秋を感じる今日この頃です。
こんにちは、学習塾FLAPS高校指導部の田所です。


早いもので、夏休みが明けて1か月が経ちました。
各高校で文化祭が催され、生徒たちも

「今日は文化祭準備で…」
「クラスで劇をするんだ!」
「バンド出るんです」

などなど、文化祭の成功へ向けて、頑張っている姿が垣間見えました。
そんな9月も終わりを迎えます。

高校生諸君、いよいよ

中間考査がやってくるぞ!!!

ということで、本日は、「東大生に学ぶ、集中力UP★法」をお伝えします!

「机には向かうけど、イマイチ集中力がもたない…」

という方は、ぜひ活用してみてくださいね★


みなさん、
東大生だけが知っているやる気スイッチの魔法
という本を読んだことはありますか?

実は、FLAPS高校指導部本棚に常駐されている本なのですが、
さすがは「東大生」。自分をコントロールする術を身に付けているからこそ、
効率的な勉強が出来ているんだなぁ、
と改めて感じました。

その中でも、田所イチオシの「集中力UP★法」をご紹介します!

(抜粋したものを、教室に掲示しています。)

~・~いますぐできる!やる気スイッチON!!!!~・~
 
片付けの魔法にかかる

鉛筆を使って勉強する

集中できる環境をつくる

身だしなみを整える

言霊の力を信じる

嫌いなことにあえて向き合う

良いことと悪いことを妄想する

あと5分だけやってみる

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

個人的には、

① 片付けの魔法にかかる

② 鉛筆を使って勉強する

を、実践していましたし、今もしています。

人間は、視野に入るものを処理しようとするそうです。
だからこそ、
「余計なものは視野に入れない」ことで、目の前のことだけの集中することができます。

さらに、鉛筆を使って勉強することで、
「これだけやった!」という達成感を得ることができます。
人は「好きな事」には「はまってしまう」ように、
「達成感」という「脳内快楽」を得ることで、
行動を長続きさせることができます。


要は「自分が勉強に集中できる環境」

整えてあげればいいのです。

人によって「集中できる環境」は違います。
静かなところでやった方が効率的に出来る人もいれば、
むしろ、少し騒がしいくらいが集中できる人もいます。

大切なのは「自分を把握すること」です。

中間考査までまだ少し時間がある今だからこそ、
ぜひ、「自分の集中ポイント」を探してみてくださいね。


もし、「すでに勉強してはいるけど、うまく点数に結びつかない・・・」というアナタは、
もしかしたら、

勉強方法、つまり、自分が間違えやすい考え方

に気が付いていないだけかもしれません。

「勉強する環境を整えたい!」

「自分がどんなところで間違えやすいのか知りたい!」

という人は、ぜひ一度遊びに来てくださいね★



このブログの人気の投稿

【無料】中間テスト対策開催!!

★ユメラボ 大学情報セミナー★実施のお知らせ

高校指導部合格者速報