【中3生対象】新高1進路説明会行います!

このブログでは、中3生対象「新高1進路説明会」のお知らせです。
小・中・高連携指導だからこそできるFLAPSの進路指導とは・・・?


ここ数日でぐっと寒さが厳しくなってきました。
冬と言えば「受験」ですね。(そんな風に考えてしまうのが塾講師の性かもしれませんね・・・。笑)
高校指導部でも受験生が朝から晩まで勉強をしています。


さて、FLAPSは、小学生から高校生までのお子様の習慣指導・学習指導をしていますが、その中でのひとつの大きな分岐点が「高校受験」ではないでしょうか?

実際のところ、進学先の高校は、その後の進学先に大きな影響を与えます

例えば、卒業生の大部分が大学進学をするA高校に入学したとしましょう。
この場合、その高校に通う生徒たちの中でも「大学に進学して当たり前」という雰囲気があり、学校の先生からも「大学進学」を中心とした進路指導がなされます。
一方で、卒業生の大部分が専門学校に進学するB高校の場合、自然と「専門学校に進学する」という考えが強くなります。

これは、どちらが良いというわけではありません。むしろ、その子の将来を考えたら大学進学よりも専門学校に進学した方がいい場合もあります

ここで注意してほしいのは、高校の雰囲気に流されずに自分の進路を多角的に考えてほしい、ということなのです。
しかし、私たちが中学3年生や高校生と話す中で感じるのが、彼らにとっては初めての進路決定ゆえに、どんなことを考えたらいいのか」という「判断基準」がないということです。
判断基準がないのですから、「どうしたらいいのか」なんて中学生・高校生には見当がつかないのです。(だから、「進路どうするの?」と聞いても「う~ん…」なんて煮え切らない反応しか返ってこないとも言えます。)

高校生にとって「周りの雰囲気に流されないこと」は簡単なことではありません。
そこで、学力面はもちろんのこと、より広い視野で進路を考えるためにも、FLAPSとして高校1年生からの塾の重要性をお伝えしています。ただ、そもそも高校を選ぶ時点である程度の選択肢が決まってしまうのは間違いありません。
そこで、これから進学先高校を決める中学3年生にぜひ知っておいてもらいたい「高校の進路選択」と「高校の実情」を、私たち高校指導部講師よりお話しさせていただきます!


今回は、FLAPS南林間校にて開催することとなりました!

<新高1進路説明会>
日程 12月8日(土)19:00~(約2時間)
FLAPS南林間校にて
参加費:無料 持ち物:筆記用具
 
※要事前予約※
↓ ↓ ↓
高校指導部直通メールまたはお電話(042-785-4178)まで
(受付時間 14:00~22:00 ただし休校日を除く)


現在FLAPSに通われていない中学3年生でもご参加いただけますので、奮ってご参加ください!

また日程が合わない」「南林間までかなり距離がある・・・」という方のために、FLAPS高校指導部町田駅前校にて新高1個別相談会も開催しております!
(要事前予約:高校指導部直通メールまたはお電話(042-785-4178)まで)

これから受験を迎える中3生はもちろん、私立単願ですでに進学先が確定している中3生も大歓迎です★
先々を見通した進路プランを立てて、悔いのない高校受験・高校生活を送りましょう!



★講師紹介:田所侑依(タドコロユイ)のプロフィール★
「なりたい大人」になる手助けをする、英・国講師
第1志望高校に合格するも、高校最初の中間テストでクラス・ビリ2位を記録。その後、茶髪にピアスという「高校生デビュー」を果たす。「このままではだめかも・・・」と気づき、高2の秋、大学受験勉強を始める。偏差値を42から69に上げ、早稲田大学教育学部英語英文学科に現役合格。今までに出会った自分の恩師である「塾の先生」を志す。大学1年生から塾講師を始め、それまで「英語嫌い」の平均点以下だった子どもたちを80点以上・クラストップに押し上げ、「英語が得意!」に変えていく。持前の包容力と面倒見の良さで、子ども達からの信頼を得ている。使命は「子どもがなりたい大人になるために頑張れる」ようにすること。 

人気ブログ記事

人生について本気を出して考えてみる

3年間の成長の軌跡